平塚湘風高校が最も大切にしていること

 前回は、本校の学校説明会で、私が皆さんにお話しした内容を振り返りながら、『学校の特色』をしっかりと把握した上で志望校の決定に結びつけてほしいというメッセージをお伝えしました。
 今回は、肝心の『平塚湘風高校の特色』について、改めてお話ししようと思います。

 学校は言うまでもなく、先ずは「学問をするところ」なのですが、広い意味では、生徒たちがこの先に続く長い人生を見据えて、さまざまな事柄を学び、素養を身に付けて、次のステージに進んで行く準備を整える場所であります。このことを踏まえ、私は『生徒指導をしっかりとやる学校』であることを平塚湘風高校の第一の“特色”として挙げたいと思います。

 もしかすると、中学生の皆さんの中には「平塚湘風は生徒指導が厳しい!」という評判を聞いている人がいるかもしれません。確かに本校では、本来の色以外に頭髪を染めることを禁止していますし、ピアスやお化粧は叱られます。携帯電話やスマートフォンのマナーにはうるさいですし、SNSの不適切な使用などもってのほかです。・・・でも、考えてみてください。これを厳しいと感じるか、むしろ当たり前のことと思うのか。これは美味しいか不味いか、好きか嫌いかなどと同じように、人それぞれの尺度が異なるのですから、まさに個人の受け取り方なのでしょう。
 ですから、前回もお話ししましたが、しっかりと情報を集め、保護者の方や中学校の先生と相談するなどして検討を重ね、的確に判断をしてください。平塚湘風は自分に向く学校なのか、それとも不向きなのか・・・選択権は皆さんの掌中にあるのですから。

 平塚湘風高校は、「【社会で求められること】を誠実に実践しようとする気持ち」をとても大切にしています。ですから、学校という社会の一員として、この気持ちを私たちと共有してくれる生徒の皆さんに入学してほしいと願っています。
 さて、ここで是非とも皆さんに理解していただきたいことがあります。正しい服装、適切な言葉遣いや挨拶、時間の自己管理など、基本的な生活習慣レベルのことをしっかりと身に付けることは当然のことなのですが・・・例えば茶髪にしないことやピアスをぶら下げないことが【社会で求められること】だと言っているのではないということです。
 肝心なことは「湘風高校という社会の一員である以上は、頭髪をきちんと整えて、ピアスやお化粧で装飾することなく、三年間の高校生活を送りましょう。」という“湘風社会”の決まり事に沿って自分を生かし、学び、定められた役割を果たしながら人間として成長していくことなのです。


 これから皆さんは、70年、80年の人生を生きます。その中で、多くの人と出会い、上級学校や企業、地域などのさまざまな社会の一員として生活することになります。すべての社会には守るべきルールや心掛けるべきマナー、そして求められる行動と期待される振る舞いが存在します。場合によっては、一定程度のガマンを強いられることもあるでしょう。
 しかし、これらの条件をクリアしていくことが“社会の一員として生きる”ということなのではないでしょうか。もしここで、身勝手な行為や不適切な判断をしていれば、おそらくその社会の秩序を乱したり、多くの人の安心と安全を脅かすことになるでしょう。これが決して許されるものではないことは、皆さんも容易に理解してくれると思います。

 本校に入学したすべての生徒が【社会で求められること】を身に付けて次のステージへと巣立ってくれること。そして生涯にわたって平和的な社会の構成者として、しっかりと自分の役割を果たしてくれること。私たちは、そのような素晴らしい人材を育てたいと考えています。
 これが、平塚湘風高校が最も大切にしていること・・・つまり『学校の特色』であり、中枢となる教育理念であります。



校長から皆さまへに戻る